1. ホーム
  2. 会社案内
  3. プレスリリース・広報資料
  4. プレスリリース - 2012年9月11日

プレスリリース - 2012年9月11日

PRESS RELEASE

2012年9月11日
株式会社栄進商事

野村正和先生新刊のご案内

新中医学研究者の野村正和先生が
肝臓病の専門医ではない立場から肝臓について執筆した、
『肝機能は食で改善できる』が全国書店にて販売開始されました

 

 新中医学研究所(三重県熊野市)所長で薬学博士の野村正和(読み=のむらまさと)氏が、平成24年(2012年)8月31日、幻冬舎より新書『肝機能は食で改善できる』を出版しました。

  最近急増している脂肪肝患者は千五百万人を超えるといわれ、また、薬害被害でクローズアップされた肝炎なども二百万人に達するなど、肝機能は食で改善できる(野村正和 著)日本はまさに「肝臓病大国」であるといっても過言ではない状況が続いています。本書では、肝臓病を心配したり、肝臓病で苦しんでいる人々に、肝臓の働きや肝臓病についての本当の正しい知識、著者の長年にわたる研究成果や新たな事実を伝える内容となっています。

  第一章では肝臓の機能をおさらいした上で、アルコールやストレスによる不具合、脂肪肝やこれまで顧みられなかったNASH(ナッシュ)などにも触れて、何が肝臓を悪くするのか説明しています。

  第二章では、何が肝臓に良いのか、何を食べれば改善できるのかを具体例を挙げながら、さまざまな提案をしています。さらに、日本以上に肝臓病の研究が進んでいる中国の治療事情や実績を紹介し、肝庇護療法を詳しく説明しています。

  第三章では、中国で広く用いられている垂盆草という素材を提示して、GPTやGOTといった肝数値の実際の効果や優れた有効率を紹介しています。健康を取り戻した人々の声も巻末に掲載し、肝庇護療法のメリットも記しています。

  著者の野村氏は、中国で臨床使用されている漢方薬(垂盆草など)の国内研究の第一人者。大阪大学大学院を修了後、国内の大学の研究員や(財)漢方医薬研究振興財団の主任研究員を経て、新中医学研究所を設立しました。長年、全国肝臓病患者連合会や日本肝臓病患者団体協議会など、国内を代表する肝臓病患者会の要請を受けて垂盆草の講演を精力的に行っています。

書籍概要

『肝機能は食で改善できる』 野村正和・著 (幻冬舎 経営者新書)
新書版136ページ、本体700円(税込735円)
(発売元)幻冬舎、(発行元)幻冬舎メディアコンサルティング
ISBN 978-4-344-99868-1


このプレスリリースのお問い合わせは、広報(プレスリリース担当)まで

ページ上部へ移動